「お役立ち情報」のアーカイブ

実際に有料アダルトサイトでデビットカードを使う時のポイント!

前回はデビットカードの基本的なメリットの説明でしたが、

ここからは実際にデビットカードを使って、アダルトサイトに入会した時に
分かりにくかったりつまずきそうなポイントをまとめておきます。

まずデビットカードの手続きをすると、デビットカードとインターネットバンキングにログインするための書類が別々に送られてきます。

で、その書類の説明が分かりにくい

大まかにデビットカードの流れを説明しますと、

スルガ銀行の口座内にお金を入れておいて、
その金額内でデビットカードという「クレジットカードもどき」を使い買い物が出来る仕組みです。

そしてそのスルガ銀行の口座内にアクセス出来るのが、
インターネットバンキング

ここで口座残高を確認出来るし、他行へ振り込みも出来ます。

まずはこのインターネットバンキングへのログインから。

デビットカードでアダルトサイトへ入会

お申し込み口座番号はデビットカードの裏面に記載されています。

下の赤枠内が口座番号。

上のセキュリティコード有料アダルトサイト入会時等や
ネットで買い物をする時に入力するコードです。

そして紛らわしいのがログオンパスワード

コレはデビットカードの手続き時に設定した4桁の数字です。

ネット用と、キャッシュカード用の2種類を設定したはずです。

そのネット用の4桁のパスワードを入力します。

すると、このような管理画面になりますので、
ここで、入出金明細照会をクリックすると、
履歴が見れます。

こんな感じで。

ただ、ここでは詳細な明細は確認出来ず
あくまで口座残高とデビットカード履歴をチェックするくらいです。

私は当初、これしか確認出来ないのかと一抹の不安を抱えていました。

そして色々と調べたら詳細に引き落とし明細を確認出来る方法がある事を
突き止めました。

【デビットカードの詳細履歴の確認方法!】

まず、スルガ銀行のトップページに行き、
会員専用サイトをクリック。

するとこのようになります。

VISA会員専用ページが出てくるのでクリック。

ログインページになり更にクリック。

ここで初期設定ではパスワード2種類を生年月日で設定されているので
自分の生年月日を入力してログイン。
(これが分からなくて散々悩みました)

会員メニューから「利用明細照会」をクリックすると
このようになります。

赤枠内に細かくデビットカードの利用履歴が記載されています。

また、この会員ページの「利用限度額の変更」で、
利用限度額を変更しておくと更に安心して利用出来ます

私の場合は普段の口座はUFJ銀行でネットバンキングも利用中です。

スルガ銀行の口座残高が減ってきたら、
UFJ銀行からスルガ銀行のデビットカード用の口座にサクッと振り込みます。

家に居ながらにしてすべてが完了するのは非常に便利ですよね。

で、有料アダルトサイトに入会時には、このデビットカードの
クレカ番号を入力して決済すれば、すぐにスルガ銀行の口座からサクッと引き落とされます。

口座残高以上は引き落とされないので非常に安心です
(もしくは設定した1日の利用限度額以内)

また、引き落とされるとダッシュで確認メールが来ます

「今、引き落としたけど本人だよね?」って感じで。

万が一ですけど不正利用があったとしてもすぐに気がつきます

さっさと対処が出来ます。

自分はこの確認メールをiPhoneに飛ばすようにしてるので、
いつでもどこでもすぐに気がつきます。

携帯に確認メールの転送設定をしておくと非常に安心ですよ。

でも、クレカと違って残高が無ければ落ちませんけどね(笑)

このようにデビットカードは非常に安全なんで、アダルトサイトに問わず
大概の買い物に利用しています。

【参考資料】

1)スルガ銀行VISAデビットカードの申し込みはこちらから<<<

   スルガ銀行VISAデビットカードについて詳しく<<<

   本人確認資料について<<<

ライブドアクリップ数を見る Yahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数 このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

タグ

最終更新: 2018年10月16日
| コメント&トラックバック(0) | トラックバックURL |

カテゴリ: お役立ち情報

そもそも一体、流行のハイビジョンって何なのさ?

愛原つばさのハイビジョンとアダルト動画
(愛原つばさ by カリビアンコム)

テレビの地デジ化よりも我々エロ動画愛好家にはハイビジョンのアダルト動画の方が気になりますよね。

そこで、素朴な疑問として「そもそもハイビジョンってなんなのさ?」と思ったので
軽く調べて見ました。


(1280×720のハイビジョンエロ動画です。約、半分のサイズに縮小しています)

技術的に詳しい事は割愛します。

ハイビジョン(Hi-Vision)とはNHKが商標権を有する、
日本における高精細度テレビジョン放送(High Definition television/HDTV)の愛称である
(by Wikipedia より)

ハイビジョンって愛称だったんですね。

ハイビジョン(HD)のDは「Definition」と言い、訳すと「解像度」

要は高い解像度のテレビという意味ですね。


(1280×720のハイビジョンエロ動画です。約、半分のサイズに縮小しています)

従来のテレビは、「Standard Definition television」といい略して「SDテレビ」と言うそうです。

さて、ハイビジョンが高解像度って事は分かりましたが、もう一つの狙いがアスペクト比にあります。

従来は4:3の比率でしたが、
視聴者に「より臨場感を感じさせる為に人間の視野に合わせて」
16:9の比率にしたそうです。

だからハイビジョンって横長の画面なんですね。

次からは具体的に「HDテレビ」と「SDテレビ」の違いを。

まず、上記で書いたアスペクト比が異なる点と、もう一つは「走査線」の違い。

「走査線」とは、映像はひとつの画面の映像を一気に送る事が出来ないので、細かい横線に分解して
送ります。この横線の事を「走査線」と言います。

「SDテレビ」の走査線は525本で、その中の有効走査線が480本

「HDテレビ」の走査線は1125本で、その中の有効走査線が1080本

何か、エロ動画愛好家には見覚えのある数字が出てきましたね。

そーです、この数字がよく見る640px×480pxの480なんですね。

最近よく見るフルハイビジョンってフレーズの1920×1080の「1080」ですね。

だから、画面サイズは大抵、640×480とか1920×1080なんですね。納得。

そしてハイビジョンには2種類の方式があります。

「インターレース方式」「プログレッシブ方式」

「インターレース方式」はなめらかな動きを実現する方式で、
有効走査線が1080本

「プログレッシブ方式」はちらつきが少ない方式で、
有効走査線が720本


(約、半分のサイズに縮小しています)
カリビアンコム等は1280×720がハイビジョン動画の画面サイズですよね。


(こちらは比較用に従来の640×480の画面。同じく半分のサイズに縮小)

こうやって上の画面で比較するとかなり迫力に差がありますよね。
ハイビジョンの迫力がよく分かります。

簡単ですが、以上が「ハイビジョンってなんなのさ?」の特集記事になります。

ただ、厳密に言うとハイビジョンの基準はとてもこまかく、
本来の厳格なハイビジョンテレビや
録画方式での機器は少なく、ほとんどが偽物らしいですね。

要は地デジにしろ、売ってるモニターやテレビにしろ、販売各社が大雑把に統一してるので
なんちゃってハイビジョン製品がほとんどらしいです。

だから、あまり細かい事を気にせず
エロ動画でハイビジョンなら、

「画質がよくて16:9の臨場感あふれるセックスが見られるんだ!」

と思ってるくらいがちょうど良いと思います。

参考までに、カリビアンコムの実際の画面サイズである、1280×720の画像を載せておきます。
臨場感を確認して下さい。
ただ、これは動画をキャプチャしたので画質は落ちています
(クリックで拡大します)

この愛原つばさの動画が気になるのでカリビアンコムの詳しい情報を見る<<<

ライブドアクリップ数を見る Yahoo!ブックマークでこのサイトを登録している人数 このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

タグ

最終更新: 2018年10月16日
| コメント&トラックバック(0) | トラックバックURL |

カテゴリ: お役立ち情報


有料アダルトサイトの動画を比較【びんびん7】 TOP へ戻る